HOME中学校の教育教育の特長

英語・数学教育プログラム

6年間を通じて「使える英語力」と基礎学力を定着させる「計算力」を身につける

英語教育プログラム

使える英語の習得を目指すには、まず英語を発話することへの抵抗をなくすことが重要です。

外国人教師と日本人教員によるダブルティーチャー制

1年生~3年生の間、もっと生の英語に触れ、話す機会を増やすため、外国人教師と日本人教員によるダブルティーチャー制の授業を週に3時間程度行っています。(平成27年度入学生より)
通常のチーム・ティーチングとは異なり、外国人教師がメインの指導を行い、日本人教員がアシスタントとしてフォローをするタイプの新しい授業形式です。
2人の教員によるやり取りを聞き、英語での指示を耳から入れて、実際に体を動かすことにより語感を養います。またアルファベットをフォニックスから学び、正しい英語の発音を身につけさせます。
4年生~6年生までは各コースに合わせた特色のある授業を展開しています。外国人教師は英会話の授業のみならず英作文やプレゼンテーションの指導なども行っています。

英語教育プログラム-1

「話す」「聞く」「読む」「書く」の4技能を習得

日本人教師が担当する授業では、「話す」「聞く」「読む」「書く」の4技能をバランスよく習得することを目指した授業を展開しています。
外国語の習得には文法の理解も不可欠ですから、文法事項の基礎を大事にし、演習問題を繰り返し解いていきます。また絵本から上級者までレベルに応じた洋書を利用して多読活動をしています。
年度末には語彙力アップのため、MJ単語検定を各学年でおこなっています。
平成27年度は2年生から4年生(高校1年)まで、週5時間のうち3時間をホームルームクラス、2時間をグレード(習熟度)別クラスで授業を行っています。

英語教育プログラム-2

英語コミュニケーション能力テスト

外部テスト「英語コミュニケーション能力テスト(*GTEC for STUDENTS)」を全員が受検します。そして成績優秀者と前回のスコアからの伸長度ベスト1〜3位を表彰し、生徒の学習に対するモチベーションを高めています。また英語検定の取得に力を入れています。
4年前から導入した「GTEC for STUDENTS」は、平成27年度から全学年での実施となりました。スコアや到達度が明確で、学年を越えても伸び率が分かるので、生徒は前向きに取り組んでいます。
授業では普段から与えられたテーマについて書く自由英作文の練習を定期的に行い、また音読の時間を十分に取っているので、それが得点アップにもつながっています。加えて、低学年より外国人教師の授業を多めに設け、リスニング・スピーキングの養成に力を入れているため、リスニングセクションの得点は全国平均よりかなり高い学年も出てきています。GTEC for STUDENTSの得点上位者と伸び率上位者は学年集会で表彰しており、生徒のモチベーションアップにつなげています。

英語教育プログラム-3

GTEC for studentsとは

「読む」「聞く」「書く」の3技能をスコア型の絶対評価で測定するベネッセコーポレーションのテストです(2012年度62万人が受検)。
背景知識に左右されず、より正確に生徒の英語力が測れるよう工夫されています。
英語運用能力を絶対評価で示すので、学年を越えて英語力の伸びを実感することができます。また受検後のフィードバックが充実しているので、次回に向けて弱点を克服し、さらに英語力を高めるための効果的な学習をすることができます。

GTECforstudentsとは

数学教育プログラム

1年生から3年生まで
「計算力を強化し、基礎学力を定着させます」

中学数学において基礎学力を定着させるには、まず「計算力」。定期的に、計算力テストを実施しています。練習を積み重ねることで必ずいい結果につながることを認識させ、振り返りの学習をします。また、先取り授業として、高校で習う範囲の授業を中学に取り入れ、公立の中学とは学習する順番を変えるなど、より実力をつけられるように工夫しながら、ていねいに指導しています。

数学教育プログラム-1

4年生から
「自分の選択したコースに合った学力を身につけることができます」

高校数学においては、コースによって学習する科目が違います。ただし、どのコースも計算をはじめとする基礎を大切にし、細かく指導をしています。以下は、コースごとの特徴です。

数学教育プログラム-2
どのコースよりも数学の授業時間が多く、理系のスペシャリストを目指した論理的思考力を鍛えるための授業を展開します。5年生までに、数学Ⅲまで全ての内容を終了させ、6年生では、受験に向けての演習を行います。
「世界唯一の共通言語」=「数学」。全てはこの等式のために授業を行います。
海外に留学しても、必ず数学に出会います。そこでは当然、日本語ではなく外国語。まずは、英語で数学の問題が解けるように、授業を展開していきます。4年生での目標は「数学検定(英語版)の3級を取得すること」。
まず4年生までに数ⅠとAの基礎的な部分を学習し、5年生では、数学ⅠAが受験に使えるような指導を行います。文系でも、国公立を目指す生徒は必要となるので、理系科目にも強い文系女子を育てます。
まず5年生までに数Ⅱまでの基礎的な部分を学習します。理系に進むことを考えている生徒は、数学Bまで選択できます。