トップ MJ TIMES

2017年12月12日(火)

学校生活

散華乙女の追悼会 くれない会の懇親会に参加して ―卒業生から戦時体験を聞く―

2月1日(金)、散華乙女の追悼会にあたって、くれない会(同窓会)の懇親会に中学3年生(19名)が参加しました。

戦時体験のある卒業生の方々から、戦争中に空襲の犠牲となった4名の生徒たちのお話や、武蔵野女子学院の制服についても話があり、青は「青春」、赤のネクタイは「情熱」を示すこと、そして、制服に憧れて入学したのに制服は着られなかったこと、それでも懸命に「お国のために」と工場で働いたことなどの話を聞きました。生徒からは「工場でどんな仕事があったのか」「軍人を見たことはあったか」など質問も出ました。最後に、生徒から「貴重な話を聞けてよかった。自分たちも戦争について、平和について考えていきたい。」と思いをのべました。

あっというまに時間は過ぎ、「もっと話を聞きたかった」「私も質問したかった」との声が生徒たちの間から出ていました。

3年社会

3年社会2

前のページに戻る