トップ MJ TIMES

2018年12月15日(土)

ラジオ番組「ウィークエンドボイス」に本校高校3年生が出演! 初めての選挙への思いを語る!

 2018年12月15日(土)、高校3年生2名と社会科教諭(松岡先生)がFM西東京の生放送番組「ウィークエンドボイス」に出演しました。

 高校3年の必修科目「現代社会」では、政治制度や人権問題、社会保障や財政、グローバル社会などを取り上げ、「たかが1票されど1票」を合言葉に、1票がどのように社会につながるかを視点に授業を展開しています。これまでの授業の思い出話に花を咲かせながら、2人が社会に関心を広げていったことを話してくれました。

 12月23日投開票の西東京市議会議員選挙を前に、西東京市民である2人は、パーソナリティから選挙について聞かれていました。「どうすれば若者が選挙に興味を持てるか?」には、「スマートフォンに触れる時間が長いので、ネットから気軽に投票できるといい」「親の世代が投票に行くことで若者世代も投票に行くようになるのでは」と提案していました。

 2人とも初めてのラジオ出演でしたが、緊張の中にも、自分の意見を発信していました。

ラジオ出演1

ラジオ出演2

【関連リンク】

エフエム西東京(FM西東京)facebook

ひばりタイムス https://www.skylarktimes.com/?p=17174


前のページに戻る