HOME在校生・保護者

安全・安心対策

M Jでは「あんしん」「あんぜん」な学校作りを目指して、様々な取り組みを行っています。

登下校情報配信サービス

生徒が登校した際、下校する際に、あらかじめ登録した保護者のメールアドレスに、登校・下校の情報がメール送信されます。この仕組みは、生徒の身分証明書がICカードになっていますので、校内に設置されたリーダー(入口3か所に設置)にその身分証明書をかざすことによりメール配信されます。

登下校情報配信サービス

緊急お知らせメール

学校から緊急にお知らせする時に一斉配信するサービスです。あらかじめ登録した保護者のメールアドレスへ送信します。
例えば、体育祭当日の実施有無や台風の日の登校、宿泊研修の時の帰着のお知らせなどなどに活用しています。また、地震など緊急を要する件についても活用します。

緊急お知らせメール

登下校中の生徒の安全確保・マナー指導

一定期間、教員が校外を巡回しながら生徒の安全を確保しつつ、登下校中のマナー指導を行っています。
特に、田無駅方面へは徒歩時間が15分程度かかりますので、重点的に安全確保の手順を整え、近隣の方々に信頼をいただける安全・マナー教育を心がけています。
近年、自転車による接触事故が増加傾向にあります。傘さし運転、二人乗りなど交通規則を守らなかった場合、一定期間自転車通学を取り消すなど交通案安全対策に力を入れています。

安全確保・マナー指導

健康管理

1. 成長に伴う心のケアーのサポート。
  • 精神神経科の校医による生徒・保護者への専門的医療のサポート。
  • 武蔵野大学 心理臨床センターの臨床心理士によるスクールカウンセリングの実施。
    (週2回のカウンセリングルーム開室)
  • 教頭・学年主任・担任・養護教諭の連携による問題発生時の速やかな対応。


2. 疾病予防の徹底。
  • 学校医(内科医2名)による健康相談。
  • 健康診断での再検査・精密検査の必要な生徒への徹底した指導。

健康管理1

3. 感染症予防と発生時の速やかな対応。
  • 新型インフルエンザ・麻疹など感染症予防の徹底。
  • 感染症発生時の迅速な対応。


4. 環境管理の徹底。
  • 空調による空気汚染を予防する為の専門業者による空気環境検査の実施。
  • 夏季熱中症予防のための教職員に対する学校医による教育指導。
  • 光化学スモック注意報発令時の運動制限を含む指導の徹底。


5. その他
  • 熱中症対策として、各運動部顧問に「熱中症計」を持たせ、早期警戒の確立。
(職員室・事務室にも「熱中症計」を置き、指数により活動時間・活動内容等を指示)

健康管理2

本校の地震対応について

本校では、大地震発生時に以下のような対応をとることとしております。
なお、ホットコンパスやホームページを使い、災害時の連絡を含め悪天候等の異常事態の際の連絡を行っています。

防災対策1

地震情報と学校の対応

情報の流れ

  1. 観測情報
  2. 注意情報
  3. 警戒宣言

対応

  1. 注意情報が出た段階で、生徒は全員下校させる。
  2. 朝6時の段階で注意報以上が発表されたら、学校は休校となる。
  3. 注意情報・警戒宣言が解除されるまでは休校とする。
  4. 朝6時の段階で注意情報・警戒宣言が解除された時は、平常授業とする。

生徒在校中の大地震発生時について

1.学校の保護体制
現在は、約3日分の水・食料は確保してございます。なお必要に応じて、学校では期日をきらずに生徒を保護する予定です。

2.生徒の引渡し方法
徒歩で下校可能な生徒もあるとは思いますが、本校としては、保護者の方へ直接引き渡すことを原則としております。特に何日以内にお迎えをお願いしますとは限定いたしませんが、1日でも早く引き取りに来ていただきたいと思います。

3.連絡方法について
本校では以下の4つの方法で、学校より情報を発信いたします。
備蓄品として、生徒3日分の食料・飲料水・簡易ブランケット・簡易ヘルメット(教室に常備)医療品等を用意しています。